神戸 会社設立|神戸からニッポンを元気にする起業家支援サイト。会社設立サポートはお任せください。

神戸起業家応援団

アクセス良好

お問い合わせはこちらから

受付時間 9:00〜18:00(平日・土曜対応可)

メールでのお問い合わせ
  1. HOME
  2. コラム一覧
  3. 節税と資金繰りの関係

節税と資金繰りの関係

2017年1月15日

節税は行えば行うほど資金繰りが
よくなるわけではありません。

基本的に節税を行うと、
資金が出ていきます。

税金は安くなりますが、
一時的な資金繰りは悪くなります。

専門用語使うと
財務内容が悪くなります。

財務内容が悪くなると、
金融機関は融資を躊躇してしまいます。

何が言いたいのかというと、
金融機関からの資金調達が欠かせない方は、
あまりの節税はリスクを伴うことになるのです。

節税を意識すると、
財務内容が悪くなり、

財務内容を意識しすぎると、
税金が多くなってしまう。

あちらを立てればこちらが立たず。

「節税と融資はトレードオフの関係にある」
ということはぜひ知っておいてください。

例えば、数字で用いて説明すると、

100円の売上額を受取り、
50%の税金を支払うと50円の手取り。

100円の売上額を受取り、
節税で50円を何かに支払うと50円の利益。
そこから50%の税金を支払うと25円の手取り。

前者と後者で25円の差が出ます。
つまり節税を行った方が25円分手取りが減るのです。

言いかえると、節税を行った結果、
25円分税金は安くなりますが、
手持ちの現金が25円少なくなるのです。

本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

メールでのお問い合わせ

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。