神戸 会社設立|神戸からニッポンを元気にする起業家支援サイト。会社設立サポートはお任せください。

神戸起業家応援団

アクセス良好

お問い合わせはこちらから

受付時間 9:00〜18:00(平日・土曜対応可)

メールでのお問い合わせ
  1. HOME
  2. コラム一覧
  3. 資金調達力は顧客創造力で決まる。

資金調達力は顧客創造力で決まる。

2017年7月24日

地方銀行には二つの種類があるというのは、
ご存知でしょうか?

地方銀行と第二地方銀行です。

金融庁のページを確認したところ
きちんと区分されていました。

http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html

一般的には地方銀行より第二地方銀行の方が
借りやすいと言われています。

3,4年ほど前までは私自身も
そう感じていました。

しかし

現在は小さな会社や個人事業主であっても、
話に乗ってくれるようになってきています。

小さな会社の資金調達が
しやすくなっているのは
間違いないと感じています。

ただし
忘れてはいけない注意点があります。

融資を受けることができても
安心してはいけません。

仮に融資を受けることができたとしても、
十分な粗利益を獲得し続けないと
最終的に十分な利益が残りません。

十分な利益が残らないという事は、
借入金が返済できないという事に
つながりかねません。

十分な利益が残らないという事は、
融資する側の金融機関にとってはリスクです。

金融機関がリスクがある先の面倒を
見続ける保証はありません。

粗利益は人体が得るエネルギーと同じです。

エネルギーを得ないと人は生きていけません。
会社も同じです。
粗利益がないと生きていけません。

そして

その粗利益は誰がもたらしてくれるのか?

答えは「お客様」です。

ドラッカー先生も言っています。
「経営の目的は顧客の創造である」と。

注意していただきたいのは

借りた資金は返さないといけません。

その返済源こそが粗利益であり、
顧客創造力である、ということです。

経営を続ける限り
顧客創造力を高めることからは、
逃れることはできないのです。

資金調達力は顧客創造力で決まる。
顧客創造力を高め続けることで、
資金調達の問題は解決に向かう。

メールでのお問い合わせ

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。