神戸 会社設立|神戸からニッポンを元気にする起業家支援サイト。会社設立サポートはお任せください。

神戸起業家応援団

アクセス良好

お問い合わせはこちらから

受付時間 9:00〜18:00(平日・土曜対応可)

メールでのお問い合わせ

資本金

会社設立時の資本金はいくらにしたらよいですか?

資本金をいくらにすべきかは、主として以下の3つの視点から、判断することが重要です。

1.対外的信用度からの視点

現在、会社は1円からでも設立できます。
だからといって1円で設立していいことは何もありません

会社設立時に出資する資本金は、これから行う事業の本気度を表す指標といっても過言ではありません。

そして会社設立登記後の謄本には資本金の額が明記されます。
この謄本は外部の方でも取得可能となりますので、公に会社の資本金をさらすことになるのです。

新規の取引先を探している方が、候補とする同業種の法人の選択をする場合、あまりに低い資本金が理由となり取引先として選んでもらえないというリスクも生じます。

融資を受ける場合など、金融機関に提出する決算書にも資本金の額が明記されます。
あまりに少ない資本金ですと当然金融機関の評価もよくないので、その点でも注意が必要です。

従って、本気で事業を成功させたい方は、できるだけ多くの資本金を出資しましょう

ただし、以下の税務の視点で述べるとおり、資本金の額によっては、法人税や消費税の額が大きく変わってしまう場合もありますので、2の節税からの視点も十分に検討しましょう。

2.節税からの視点

1では対外的な信用を意識するうえでは、資本金の額が多い方がよいと述べました。
しかし節税という視点からみると話は全く異なります。

節税を意識する場合、1,000万円以上の資本金には注意が必要です。
資本金を1,000万円以上にすることは、節税を重視する視点からいうといくつかのデメリットが生じるからです。

デメリットは以下の通りです。

<資本金1,000万円以上の場合のデメリット>
・資本金1,000万円超の会社は都道府県や市区町村へ納める均等割が増額される。
・資本金3,000万円超の会社は法人税が安くなる税額控除を受けることができない場合がある。
・資本金1億円超の会社は上記のデメリットだけでなく、その他の税務上の様々な特典が受けられなくなる。

このように、資本金を1,000万円以上にすることは、節税の視点から見るとデメリットとなる場合が生じます。

1、2の視点を考慮して結論を述べると、900万円の資本金を目指して設立準備をする。900万円の資本金が準備できない場合は、できるだけその金額に近づくように準備をすることがベストと考えます。

ただ人間の運命というのは分からぬもので、ひょんなことから会社設立をすることになる方も多いと思います。

例えば、得意先の影響やここ2、3年でメラメラと独立への気持ちが高ぶってきた場合など十分な準備ができない場合などが挙げられるでしょう。

私としては、資本金は十分に準備していただきたいのですが、前例のような場合に該当する方も多いと思います。その場合は、練りに練った事業計画を策定し、資本金で準備できなかった不足金額は、融資を受けることで補うことも検討しましょう。

3.許認可からの視点

もう一つ忘れてはならないのが、許認可からの視点です。
例えば人材派遣業では1,000万円の資本金が必要ですし、建設業では、500万円の資本金が求められる場合があります。

上記1、2の視点も重要ですが、許認可からの視点にも十分注意しましょう。

メールでのお問い合わせ

当事務所に関する詳しい内容は以下をご覧ください。